編集部ブログ

2021.04.13

古事記伝ほか神道の稀少書籍を電子書籍で出版

先日、伊勢の神宮を参拝させて頂きました。7年ぶりですが、伺うとつい昨日のことのようで、全く変わらない静寂さで迎えてくれました。日の出が5時30分過ぎでしたので、その前に伺いました。「鎮守の森」の木立が素晴らしく美しく力強く、自然の力があってこその祈りの場と感じました。

弊社では神道系の稀少書籍を電子書籍(kindle版)で発刊しています。

◇古事記伝 本居宣長

◇神道大辞典全三巻合本平凡社

◇後水尾院当時年中行事

◇神祇辞典

◇神道叢説

◇神皇正統記

◇古語拾遺

◇延喜式 ほか多数 

絶版でお困りの方にご利用頂けるようにとても安価です。他の分野の古典もあります。

7年前の遷宮の際に参拝させて頂きましたが、次は2033年。次の遷宮まであと12~13年しかありません。20年に一度の建て替えがどんなにたいへんなものかと改めて感じます。神宮の神職の方が、「遷宮が終わったらすぐ、もう次の遷宮に向けて準備始めます」と言われていたのが、思い出されました。