歴史の正しい認識と再評価が必要

今も日本の学校では、台湾のことがきちんと教えられていません。台湾が日本領だったということも、歴史の教科書には書いてはあるけれども、戦争のこともあって、近代史はきちんと教えられていません。教えられるとしたら、日本が悪いことをしたということばかりなわけです。だから、日本人は正しい歴史を直視していないと思います。

大東亜戦争で、日本人が悪いことをした、悪いことをしたと、一生懸命、何十年も経っても謝っていますが、これは大いに間違いです。大間違いです。戦争というのは愚かな歴史ではありますが、日本が戦争に突入していかざるを得なかった当時の状況を、日本人はきちんと学ぶ必要があるのです。

日本は、戦争中に酷いことをした、と今だに中国に謝り続けていますが、中共(中国共産党)が台頭する前の中国に対して謝っていれば、もう済んでしまっていることでしょう。

中共というのは、わずが三十年くらいの歴史しか持っていません。中共は国民党を追い出した後で天下を取ったのであって、初めは八路軍として日本軍に抵抗しただけで、大した被害を受けていないのです。被害を受けたのは、大陸にいた人間達ですから、それはもう蒋介石の時代に謝ってけりがついている筈で、それをいつまで経っても頭を下げているなんて、私たちから見ればちょっとだらしないのです。

日本の政治家も、言うことを言わなければいけません。オッパイばっかりあげて、何も見返りもない。私から見れば、日本人は少し阿呆くさいですよ。どこか少し抜けている所がある。なにか知らないけれど頭を低くして中共の機嫌ばっかりとっているのは、おかしいと思います。

最近になって、ODA(政府開発援助)はやめた方がいいという意見が出てきました。北朝鮮に対しても、もっと毅然と対応すべきだという意見が高まってきました。当然のことです。そう出るべきです。段々強く出るべきですよ。それにしても、こういう意見が出るのが遅すぎました。もう少し早くこういう観念を持たなければいけなかったと思います。

日本というのは経済的にあんなに発展したのですから、本当なら、東アジアにおけるリーダーシップをとって、この地域をまとめていく責任がありました。それが残念ながら腰抜けで、ちょうど今の陳水扁・台湾総統みたいです。


送料・代引き手数料無料

良医情報アンケート

桜の花出版

桜の花出版のご案内

東京都町田市中町1-12-16
アイケーブリック 401
TEL : 042-785-4442
FAX : 042-785-4424
営業時間 : 9時30分-17時
定休日 : 土日祝日
※ 桜の花出版ネットストアで購入すれば、1冊からでも送料無料
RSS Facebook Twitter